9月は防災月間 ~災害に備える~

9月は防災月間 ~災害に備える~

災害はいつ起きるかわかりません。
でも、自分の身の上には起こらないと漠然と考えている人も多いのでは?
また、人用の避難袋や家具の転倒防止対策などは一応してあるけれど……
というあなたも、愛犬のための災害準備は大丈夫でしょうか?
昔から、「備えあれば憂いなし」と言うように、今できることを準備しておきましょう。

まずは普段の生活から、基本的なしつけと心掛け

*多くの人が集まる避難所
愛犬の行動を飼い主さんがコントロールできるようにしておきましょう。また、ノミ・ダニ予防、ワクチンや狂犬病の予
防接種を日ごろからきちんと受けておきましょう。

*他にもたくさんのペットがいる
避妊・去勢手術をしておくという選択も、準備のひとつ。

*クレートやキャリーに入ることができる?
クレートやキャリーで静かにしていることができれば、避難所によっては一緒に避難出来る可能性も。普段からクレートや
キャリーを愛犬にとって安心できる場所にしておきましょう。

*ご近所づきあいは大切に
近所の人に愛犬の存在を知っていてもらえれば、留守中に災害が起こった時も、助けてもらえるかもしれません。


愛犬用非常持ち出し袋を作っておきましょう

*生活用品
3日分のフードやいつものお水、フードボウル、多めのウンチ袋、トイレシーツなど。

*あると安心
普段使用している愛犬の臭いがついたタオル類や敷物などもあると安心です。

*リード・首輪・鑑札・迷子札(身元が分かるもの)

*「愛犬の健康手帳」
年齢、かかりつけの獣医さんの連絡先、ワクチンの種類や接種日、病歴、常備薬、不妊・去勢手術済みか否か、普段の様子などの情報を記入しておく。
自分と一緒に写っている写真などを貼り、携帯電話の番号、緊急連絡先を書いておく。

*救急セット などなど・・・

____________________________________

なお、今回の記事の様なかわら版を、こちらのメルマガで月に2回ほど無料配信しています。