リフォームのローンでも税金の控除はありますか?

リフォームによる住宅ローン控除を受ける条件 •リフォーム施工費用が100万円を超えていること。 •自己が所有し、自己の居住の用に供する家屋について行うリフォームであること。 •リフォームを行った日から、6ヶ月以内に実際に居住していること。(世帯主でなくても可) ※2009年の税制改正までは、居住している住宅に対して行うリフォームが要件となっていましたが、現在は、6ヶ月以内に実際に居住すればOKです。 •リフォームローンの借り入れ年数が10年以上であること。 •リフォームを行った建物の床面積の1/2以上が居住用部分であること。 •リフォームローンの借り入れ先が、住宅金融公庫、金融機関、勤務先からであること。 •一定のバリアフリー改修工事。 •一定の省エネ改修工事 。 等が条件として挙げられています。